光毒性はお肌の大敵

光毒性はお肌の大敵!?光毒性って一体なに?

みなさんは「光毒性(ひかりどくせい)」という言葉を見たり聞いたりしたことはありますか?
”毒”という文字が入っていますし、確実に良いことではなさそうですよね…。
光毒性とは、お肌が日光や光に対して非常に敏感な状態のことを言います。
光毒性をもたらす成分をお肌に使用すると、光を浴びて通常よりも日焼けしやすくなったり水泡ができてしまうのです。
アロマや精油にお詳しい方なら光毒性は身近な言葉かもしれません。
なぜなら精油の中には、この光毒性を持つものが多いからです。
例えばベルガモット、ライム、レモンなどのメジャーな精油にも光毒性があるのです。

 

光毒性に気をつけなければならないのは、なにも精油だけではありません。
実は美白にいいとされる成分の中にも、光毒性を持つものが存在しているのです!
その代表的なものに”ビタミンC”があります。
ビタミンCといえば美白にも美肌にも欠かせない存在ですよね。
またビタミンCをたくさん摂取すると、日焼けを防げるというのも有名です。
一昔前、キュウリやレモンに含まれるビタミンCが美白にいいと言われ、キュウリパックやレモンパックがブームになりました。
それも今では辞めるように言われています。
その理由は、やはり光毒性でした。
確かにキュウリやレモンに含まれているビタミンCは紫外線に対する抵抗力が優れています。
しかし同時に”ソラレン”という紫外線を吸収してしまう成分も含まれているのです。
そのためキュウリパックやレモンパックをした後に紫外線を浴びると、パックの形通りにシミができた…なんてことも起こっていたのです。

 

このように光毒性を持つ成分は、美白どころかかえってシミの原因になる場合があるのです。

 

光毒性がある成分は使うタイミングに気をつけましょう!

光毒性を持つ成分は、使うタイミングを間違えなければ美白に非常に効果的です。
もしお使いの化粧品に光毒性を持つ成分が含まれていたら、朝は使わずに夜のお手入れで使うようにしましょう。
特に自分で化粧水を手造りされている方は要注意です。
その中に精油は入れていませんか?
その精油には光毒性はありませんか?
是非一度確認してみてください。
ちなみに化粧品に配合されているビタミンCは、光毒性の影響を受けない濃度で配合されていると言われています。
そのためあまり神経質になる必要はないかと思いますが、もし直接レモンなどでパックをされている方は夜だけにしておきましょう。

 

またビタミンCをたくさん摂ると紫外線の影響を受けにくくなると言われています。
しかしレモンやキュウリ、パセリなどを外出前に食べてしまうと、シミを招きやすくなってしまいます。

 

このように美白に効果的と言われるものの中には、光毒性を持つものがあります。
そうそう、高い漂白作用を誇るハイドロキノンにも光毒性があると言われているんですよ。
もしハイドロキノン配合の化粧品を使っている場合は、徹底的な紫外線対策を忘れずに行いましょう。

 

この記事もよく読まれています。
→ニベアで美白
→肌の再生力を上げる方法