子供だって日焼けは大敵!お子さんの日焼け対策

子供だって日焼けは大敵!お子さんの日焼け対策

寒い季節が終わり陽射しが心地よい季節になると、お子さんをお外で遊ばせたりお散歩に行きたくなりますよね。
真夏は流石に暑すぎますが、春の陽射しは気持ちがいいものです。
しかし、暑い真夏だけでなく年間を通して紫外線が降り注いでいるのはご存知ですか?
ママさんたちはしっかり日焼け止めを塗って紫外線対策をされていると思いますが、お子さんの紫外線対策ちゃんとできていますか?
子供のうちはどんなに日焼けしたって、冬になれば元に戻るでしょう?なんて悠長に考えてはキケンなのです!
実はお子さんのお肌こそ、ちゃんと紫外線対策してあげないといけないんですよ。

 

紫外線がシミやソバカスの原因になるのは有名ですよね。
つまり紫外線を浴びれば浴びた分だけ、シミができやすいということになります。
大人になれば日焼け止めなどで紫外線を防ぐことができます。
しかし子供時代は十分な紫外線対策ができていないため、生涯に浴びる紫外線の半分を子供時代に浴びていると言われているんです。
お子さんは通学したり外で体育の授業があったり、はたまた習い事があったりと紫外線を浴びる機会が多いですよね。
そのため子供の間にいかに紫外線対策ができているかで、その子の将来のお肌が左右されるのです。
また子供のお肌は大人と比べ、薄く繊細です。
そのため大人と同じ条件で紫外線を浴びても、子供の肌の方が紫外線から受けるダメージが大きいのです。
さらに子供は背が低いので、アスファルトなどの照り返しをダイレクトに受けてしまいます。
子供のうちに膨大な紫外線を浴びたことで、皮膚がんを招く…なんて最悪のケースもあり得ない話ではないのです。

 

ママも一緒に安心して使える日焼け止めを選びましょう!

お子さんの日焼けを防止するには、日焼け止めを塗ってあげることが1番です。
しかし何度も言うようにお子さんのお肌は薄く繊細なので、お肌にできるだけ優しい日焼け止めを選ぶようにしましょう。
お肌に優しく、簡単に落とせる日焼け止めであればママも安心して一緒に使えると思います。
また子供はよく動き、よく汗をかきます。
そのため塗った日焼け止めも剥がれやすいんです。
外で長時間遊ばせるときは、こまめに日焼け止めを塗り直してあげましょう。
また日焼け止めだけでなく、帽子も忘れずに被らせたいですね。
特に夏場、海やプールに行く時は徹底的な日焼け対策が欠かせません。
UVカット効果のある水着を着せたり、SPF値の高い日焼け止めを塗ってあげてください。

 

まだ小さな赤ちゃんの場合も、長時間外に出る時は日焼け止めを塗ってあげるのが好ましいです。
赤ちゃんのお肌でも使える日焼け止めがありますので、是非そういった日焼け止めを塗ってあげましょう。
またベビーカーでも直射日光が当たらないように、工夫してあげたいですね。

 

お子さんの将来の健康で美しいお肌は、親御さんにしか守れません。
是非ママだけではなく、お子さんの日焼け対策を忘れずに行ってあげて下さいね。

 

この記事もよく読まれています。
→ニベアで美白
→肌の再生力を上げる方法