敏感肌 美白 シミ

マグノリグナンとは一体どんな成分?どんな効果があるの?

大手化粧品メーカーのカネボウ化粧品が開発した「マグノリグナン」という成分をご存知ですか?
新しいタイプの美白成分として注目を集めているマグノリグナン、その成分や効果について調べてみたいと思います。
マグノリグナンは”フェノール性二量体”というポリフェノールの一種です。
主に厚朴(こうぼく)というモクレン科の木の皮から採取できる植物由来の成分で、漢方としても用いられています。

 

 

そんなマグノリグナンには、シミなどの原因となるメラニン色素の合成を防ぐ効果があります。
メラニン色素の合成には、チロシナーゼという酸化酵素が必要です。
マグノリグナンには、そのチロシナーゼの熟成をブロックする効果があるため結果的にメラニン色素も合成できないのです。
そのためメラニン色素の合成によって起こるシミやソバカス、色素沈着やお肌のくすみに効果が期待できると言われています。
これまでの美白成分は、熟成されたチロシナーゼに働きかけてメラニン色素の合成を防ぐものがほとんどです。
この場合、すでにチロシナーゼは熟成されている状態です。
しかしマグノリグナンは、チロシナーゼが熟成する前にブロックできます。
つまり、これまでの美白成分よりも早いタイミングで、シミやソバカスを防げるのです。
このようにマグノリグナンはこれまでの美白成分とは違う方法で、美白効果を実感できます。
そのため今までの美白成分では効果が得られなかった・・という方でも、マグノリグナンであれば効果を実感できる方もいらっしゃるようです。

 

 

またマグノリグナンには、美白化粧品ではなかなか効果を得られないと言われる肝斑にも効果が期待できるんだそうです。
肝斑といえば”トラネキサム酸”が有名ですが、マグノリグナンもまた肝斑に高い効果を発揮することができるのです。
さらにマグノリグナンは、シミやソバカス、肝斑だけでなくニキビ跡などにも有効だと言われています。
このように様々なお肌のお悩みに有効なマグノリグナンは、全く新しいタイプの美白成分として注目を集めています。

 

 

■マグノリグナンには副作用の心配はないの?
非常に広い範囲に高い効果を期待できるマグノリグナンですが、副作用の心配はないのでしょうか?
どんなに効果が高くても、副作用の心配が大きいと使用するのは不安ですよね。
しかしご安心下さい。
マグノリグナンは植物由来の成分でお肌に優しく、現在までに副作用の報告は挙がっていないようです。
ですが万が一マグノリグナン配合の化粧品を使ってお肌に異常を感じた場合は、すぐに使用を中止しましょう。
稀にマグノリグナンがお肌に合わない方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的にマグノリグナンはお肌に優しく安全な成分です。

 

 

マグノリグナンは、軽度?中度のシミに最も効果があると言われています。
マグノリグナンを上手に活用して、シミのない綺麗なお肌を手に入れたいですね。