黒クマ、茶グマの見分け方

黒クマ、茶グマの見分け方

-黒グマとは?
黒グマは加齢によって、肌がたるみ、目の下の皮膚が
薄くなって、目の下が影になって黒くみえているのが
黒クマです。
特徴としては上から光や照明が当たった時に目立つのが特徴です。
むくむと目の下のたるみが影になってしまうので余計に目立って
しまうことがあります。

 

-黒グマの対処方法
黒クマはたるみが原因なので、コンシーラーでも改善は難しいですが
コンシーラーは、パール入りの使用をお勧めします。
むくむと特に目立ちやすいのが黒クマなので、寝る前の水分の摂り過ぎや
普段の生活えも塩分の摂り過ぎには注意が必要です。
むくんだ場合は、いったん目元を冷やしてむくみをとってからコンシーラー
などでカバーするとよいです。
スキンケアは、リフトUP効果があるものやたるみ防止の成分を使用したり
目の周りの筋力を鍛えるトレーニングなどを普段からこまめにやることも
必要です。
また、パソコンなどを長時間みることも目の周りの筋肉を酷使してたるみの
原因をつくるので、注意が必要です。
眼輪筋の周りをマッサージすることも大切です。

 

-茶グマとは?
茶グマは、色素沈着を起こしてその部分が影になって
クマになってしまったものです。
原因としては、目を強くこすったり、アイメイクを落とす時に
強く擦りすぎたり、また、アイメイクが完全に落とし切れてなく
残ってしまって色素沈着を起こしている事が考えられます。
目元は、メラニンの元にもなるメラノサイトの活動が活発で色素沈着を
しやすい部分です。
紫外線を浴びることによってさらに悪化する原因にもなります。

 

-茶グマの対処方法
アイメイクを落とす時に擦すらず落とすことが重要です。また、目をこする
癖のある人も注意が必要です。
またすでに出来てしまっている人は、紫外線予防をして美白効果のある成分
で色素沈着を排出していくことが必要です。
コンシーラーなどで、カバーをするとクマの状態によっては、ある程度カバーが
できる人もいると思います。
茶グマの人は、目元や皮膚を引っ張るようなマッサージは、色素沈着を悪化させ
てしまうので避ける必要があります。

 

→ 敏感 美白クマのケアも美白化粧品でできます。