インナードライの肌のスキンケア方法

インナードライの肌のスキンケア方法

-インナードライとは?
肌表面は、テカるほど脂浮きしているのに、肌の内側は水分が少なく
乾燥していて、肌のバランスが悪くなっている状態です。

 

-症状は?
キメが荒くで毛穴が目立って黒ずんでいる、皮脂がでるのに肌がつっぱっている感じが
したり、肌がゴワついている、洗顔をしているのにニキビができる等、肌が安定していない
等があります。

 

-原因は?
肌が乾燥している事が原因です。肌の内側が乾燥していると外からの刺激に
敏感になるので紫外線やホコリ等の外部環境から守ろうとしてバリア機能が働き、
皮脂を過剰にだすので、肌表面が脂浮きするほど肌はテかってしまい、
肌の内部は乾燥してしまうという事がおこります。
表面がテカっているので、脂性肌と勘違いして脂性肌用のスキンケアを
行っていると余計に悪化します。
乾燥が原因ですが、冷暖房により空気の乾燥、紫外線などの外部要因の他
生活習慣、ストレス、食生活などの内的要因も乾燥しているといわれています。
肌のバリア機能が弱まり、敏感になっている為、ニキビ等の吹き出物を起こしたり、
紫外線が原因で、乾燥もすすみそれに伴い、シミやしわもできてしまうという
なかなか改善せず、悪化していく悪循環におちいります。

 

-予防とスキンケア対策
室内で過ごすことが多い方は、特に冷暖房の空気によって肌の乾燥を進行させやすく
します。しっかりと肌の水分を保持する成分セラミド等が配合された成分で潤いを
保つスキンケアをすることが大切です。
また、洗顔のし過ぎや洗顔の際の顔のこすりすぎで肌のバリア機能である皮脂膜を
薄くして弱めていることも乾燥が進む原因の一つになっているといわれています。
洗顔の際は、顔をこすりすぎないようにすることも必要です。
外出する際は、紫外線対策をしっかりおこなって、紫外線を予防することも必要です。

 

スキンケアだけでなく、内的要因である食事が偏っていたりや喫煙などを行ってい
る人はインナードライを起こしやすいと言われています。