透明感のある肌は生まれつき?

透明感のある肌は生まれつき?

-透明感のある肌とは?
肌の透明感とは、みずみずしく潤いのある肌で、シミやくすみのない
美しい肌が、一般的に透明感のある肌と言われています。
肌の透明感を感じさせる要素はいくつかありますが、肌の水分量が
多いと乾燥を防ぐことができるので、潤いのある肌を作り、透明度が
上がります。シミやくすみのない肌は、光の反射度を
高めるので透明感を上げます。

 

-透明感のある肌は生まれつき?
一般的に、色白で肌のキメが細かく潤いのある肌の方は
東北地方などに多いと言われています。
これは、日照期間が短いと紫外線の影響をうけにくい事。そして、大気中の
水蒸気密度が高い地域では乾燥しにくく、肌のうるおいを保ちやすい環境
があるので、透明感のある肌がつくりやすいと言われています。

 

-透明感を上げることはできるの?
いくら環境がよくても、食生活、生活習慣によってはきれいな肌を
保つことができません。
逆に、食生活、生活習慣によって透明感のある肌作りを目指すことはできます。

 

-透明感のある肌づくり
・肌の水分量を上げて、乾燥をさせない事が大事です。
水分量を保持させるセラミド入りの保湿クリームや、肌の生成に必要な
コラーゲンやヒアルロン酸などが入っているもので肌の分量をあげて
皮脂とのバランスを保つことが必要です。

 

・紫外線を防いで、メラニンをため込まない事が大事です。
紫外線は、大量に浴びるとメラニン色素をふやし、皮膚を乾燥させてシミや
シワの元を作ります。
紫外線防止を心がけてメラニン色素をため込まない事が必要です。

 

・角質にたまった老廃物を除去してくすみのない肌をつくる事が必要です。
血行不良などで、代謝が悪くなると角質に余分な老廃物がたまって
肌をくすませたり、吹き出物などの肌トラブルを起こしやすくなります。
角質層を常にキレイにして、肌のターンオーバーを高めることでくすみのない
キレイな肌を保つことができます。