バリア機能が低下している肌はどうなる?

バリア機能が低下している肌はどうなる?

■肌のバリア機能が低下したら一体どうなる?
あらゆる刺激から肌を守るために活躍する、肌のバリア機能。
それが衰えてしまうと、一体どうなるのでしょうか。
バリア機能が低下するということは、いわゆる“乾燥”した状態になるということ。
肌が乾燥してカサカサしている状態は、刺激を受けやすくなっていますので
色々な刺激に敏感になっています。
このことからも解るように、敏感肌というのは多少なりともバリア機能が低下している状態のことを言います。

 

ちょっとした環境の変化や衣類などの刺激といった
バリア機能がきちんと働いていれば問題のないものに対しても
敏感に反応してしまうことがあります。

 

そして、期になるバリア機能の低下によって起きることというのは
かゆみが発生する・化粧品が合わなくなる
肌が荒れやすくなるといったこと。
美しい肌を保つためにはこのような状態をできるだけ避けたいですよね。

 

■バリア機能をしっかりとどめるには?
バリア機能を低下させないためには、徹底した保湿が必要です。
顔には毎日のスキンケアの際に化粧水などをしっかり使用して
水分を補うことを心がけたり、
また体にはクリームなどを縫って保湿してあげましょう。

 

他にも、体内からバリア機能を高める方法があります。
それはコラーゲンやヒアルロン酸などの
皮膚の水分を増やす作用のある成分を摂取するもの良い方法です。
また、今以上にバリア機能が低下しないように
外的刺激からしっかり肌を守ることも大切ですね。

 

■バリア機能が低下した肌には…
バリア機能が低下している肌は非常に敏感なので
使用する化粧品には非常に注意しなければなりません。
いつも使っている化粧品がなんだか合わなくなってきたと感じたら
そればバリア機能が低下しているサインかも。
肌に優しい敏感肌向けの化粧品などを使用することをオススメします。
まずは自分の肌のバリア機能がきちんと働いているのか、
肌質チェックリストなどを見てしっかり見つめ直してみることから始めましょう!