肌がかゆい…何が原因なの?考えられる理由

肌がかゆい…何が原因なの?考えられる理由

肌がかゆくなることは、日常生活の中でよく起きることですよね。
かゆみがすぐ収まればいいのですが、
頻繁にかゆみが出たり、ずっとかゆいままだと
普段の生活にも支障が出てきます。
特に、夜など眠れないほどかゆみが出ると苦痛ですよね。
肌のかゆみの原因には様々なものがあるので
まずは自分のかゆみの原因が何なのかを考えてみましょう。

 

■かゆみの原因
かぶれや虫さされといった、原因がみればすぐわかるようなものなら
かゆみを抑えるクリームや薬を塗れば改善されることがほとんどです。
でも、原因が思い当たらない場合は、なかなか改善されず困ってしまいます。

 

アレルギーや皮膚疾患などがかゆみの原因となっていることもあります。
アレルギーの多くは食べ物によって引き起こされます。
子供の頃にアレルギーが発覚していれば気をつけることができますが、
大人になってから発症する場合や症状が比較的軽いものなら
アレルギーだと気がつかないこともあります。
かゆみが出た時に、それ以前に何を食べたのかを思い出して
メモしておくことも原因をつきとめるために必要です。

 

肌が弱い人は、着る服や布団などにも注意したいです。
敏感肌の人は、刺激の強いチクチクした素材の服を着るとかゆみが出たりすることも。
肌に触れる機会の多い布団や枕、タオルなどが原因になっていることもあります。

 

■乾燥がかゆみの原因に?
肌が乾燥しやすい時期にかゆみが発生することもあります。
肌の水分が蒸発した状態になると、刺激を受けやすく、
かゆみを感じやすくなります。

 

どんな理由でも、症状が強い場合は皮膚科での治療が必要です。
自分でできる方法としては、乾燥が原因ならしっかり保湿すること。
また食事の見直し、肌に触れる衣服のチェックをしてみましょう。
また、アレルギーを抑える効果のある甜茶や
肌の保湿に効果的なコラーゲンやビタミンCといった
栄養素を摂取することも慢性的な肌のかゆみを抑えるのには効果的です。